スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのヨーロッパはドイツ旅行 観光2日目

光2日目

早朝からローテンブルク散策です。

ドイツのこの時期の日の出はちょっと遅い、多分7時半頃だと思いますが、外はまだ真っ暗。

A-DSC00060_convert_20170122193501.jpg

A_0193_convert_20170122194300.jpg

ローテンブルクは城壁で囲まれており、城壁を周りながらかわいい街並みや

城壁の外の風景を楽しみました。

A-DSC00091_convert_20170122193928.jpg

A_0248_convert_20170202205549.jpg

A-DSC00093_convert_20170122193941.jpg

A-DSC00094_convert_20170122193958.jpg

静かな朝です。城壁からの眺めは煙突からの煙 暖かな生活が垣間見られました。

A-DSC00097_convert_20170122194010.jpg

A-DSC00098_convert_20170122194025.jpg

石壁と木枠に囲まれた細い通路を歩きます。

A_0254_convert_20170122194605.jpg

寄付をすると城壁に住所と名前入りのプレートが埋め込まれるそうです。

沢山の日本の企業や個人の方が寄付をされていました。

A-DSC00100_convert_20170122194039.jpg

A-DSC00102_convert_20170122194052.jpg

A-DSC00062_convert_20170122193519.jpg

A_0196_convert_20170202205333.jpg

A_0198_convert_20170202205356.jpg

聖ヤコブ教会

A-DSC00064_convert_20170122193545.jpg

A-DSC00068_convert_20170202211728.jpg

市庁舎

A-DSC00075_convert_20170122193625.jpg

A-DSC00076_convert_20170122193637.jpg

市議宴会館の仕掛け時計

11時~15時、20時~22時の毎正時に、時計の両側の窓が開いて、テイリー将軍と

ヌッシュ市長が現れ、市長がジョッキのワインを飲み干します。

よーく見ると確かにグラスを傾けていました。

DSC00069_convert_20170208200021.jpg

A_0242_convert_20170122194520.jpg

A_0264_convert_20170202205638.jpg

A_0235_convert_20170202205525.jpg

ケーテ・ヴォールファールト 年中クリスマスのおもちゃ・雑貨屋さんだそうです。

A_0273_convert_20170202205650.jpg

A_0216_convert_20170122194417.jpg

こうして街を散歩していると、とても素敵な看板に出会いました。

A-DSC00082_convert_20170122193756.jpg

A-DSC00083_convert_20170122193809.jpg

A-DSC00081_convert_20170202211808.jpg

A-DSC00084_convert_20170122193822.jpg

A-DSC00089_convert_20170122193915.jpg

散策も終わり、ローテンブルク ~ ハイデルベルク 170Kmの移動です。


実はこの日の朝TVのニュースで私は初めて知ったのですが、

私達がドイツ(ミュンヘン)に到着した日の19日 ベルリンでテロが起きました。

TVを見て何やら物騒な状況が映し出されていて・・・もしやテロ?と思いましたが

まさか自分の居るドイツでとはその時は思ってもいませんでした。

朝、観光の為 バスが発車すると添乗員の方からのお話で、日本政府からの通達があって

この日の目玉”クリスマスマーケットの観光”を中止せざるを得なくなったとの事。

これは今回クリスマスマーケットを見たくて参加した私にとってはかなりのショック!

しかし、自己責任でならということで主人とはマーケット観光を決行することになりました。


ローテンブルグからハイデルベルクへ約170Kmの移動です。

途中昼食が入ります。 この日は ” マウルタッシェン ” と言うお料理でしたが お食事編で


《 ハイデルベルク城 》 

A_0399_convert_20170202210258.jpg

ネッカー川と旧市街を見下ろす高台にある、かつてのプファルツ選帝侯の宮殿であった城跡。

A_0328_convert_20170202205848.jpg

エリザベス門。フリードリッヒ五世が一夜で造らせた妃への誕生日プレゼントで、

この門の前で写真を撮ったカップルは一生添い遂げることが出来ると言われているそうで

どうですか? と言われましたが今更 写真は撮れません。

A_0291_convert_20170202205746.jpg

表側の美しい細工に対し、やはり一夜では裏側にまで手が回らなかったようです。

A_0290_convert_20170202205734.jpg

A_0351_convert_20170202210021.jpg

A_0310_convert_20170202205800.jpg

A_0319_convert_20170202205836.jpg

A_0314_convert_20170202205823.jpg

大樽棟にある 世界一大きな木製ワイン樽

A_0342_convert_20170202205952.jpg

樽の近くの壁に、一人の男性の像が掛けられています。

選帝侯に使えた道化師、名前を「ペルケオ」と言います。

A_0346_convert_20170202210006.jpg

城のテラスから見るハイデルベルクの街並

A_0330_convert_20170202205905.jpg

ハイデルベルク城を後にリューデスハイムへ約124Kmの移動です。

この日はテロの事もあってハイデルベルクでのクリスマスマーケットには行けず

地元のスーパーマーケットに立ち寄りました。

ドイツのスーパーマーケットではカートを使用するのにコインが必要です。

慣れなくて面倒になって私は普通にカゴを手にお買い物をしました。


スーパーを後にリューデスハイムへ約124Kmの移動です。

リューデスハイム散策

A_0357_convert_20170202210033.jpg

A_0372_convert_20170202210047.jpg

A_0376_convert_20170202210118.jpg

A_0388_convert_20170202210148.jpg

詩人のゲーテも恋人と歩いたという歴史的な石橋 アルテ橋

A_0391_convert_20170202210215.jpg

A_0397_convert_20170202210244.jpg

大変見ずらいのですが、塔の傍に 金運アップのご利益がある鏡を持った猿の像があります。

猿の像が持つ鏡を撫でると、お金持ちになれると言われているそうです。

また、デザインもかなりユニークで、顔の部分が空洞になっておりすっぽりと頭を入れることが出来ます。

その空洞に頭を入れてオモシロ記念写真を撮っていかれる方の順番待ちの行列になっていました。

A_0392_convert_20170202210229.jpg

ドイツと言えばかわいいメルヘンチックなお家や建物が多いようですが、

でも、場所により街により、その雰囲気も少しづつ違っているように感じました。

A_0389_convert_20170202210202.jpg

辺りはすっかり暗くなっていました。 こちら ” つぐみ横丁 ”

あぁ~ ここが皆さんがよーくブログでご紹介されている ” つぐみ横丁 ” なんだと思いながら歩きました。

A_0413_convert_20170202210322.jpg

こちらつぐみ横丁にある本日の夕食レストラン

A_0418_convert_20170202210335.jpg

クリスマス気分を満喫

A_0422_convert_20170202210349.jpg

とっても可愛い🎅さんやトナカイさんが一杯。

迷わず孫のお土産に購入しました。

A_0424_convert_20170202210402.jpg

DSC_0560_convert_20170205211753.jpg

ここでも思わずお買い物

A_0451_convert_20170202210429.jpg

DSC_0555_convert_20170205211720.jpg

こちらのお店は本当は撮影禁止だったんですが、主人が知らずに撮ってしまいました。

A_0454_convert_20170202210442.jpg

定番のグリューワイン

こちらは飲んだ後カップを返却する場合とカップ毎頂く場合の料金が分かれていました。

カップのデザインはクリスマスマーケットの開催地毎に違っているそうです。

A_0433_convert_20170202210416.jpg

リューデスハイムのクリスマスマーケットで購入したグリューワインのカップ

A_0569_convert_20170208194723.jpg

DSC_0568_convert_20170205211808.jpg

A_0571_convert_20170208194737.jpg


夕食後、本日の宿泊先へ 本日の宿泊先は古城ホテルと言う事です。

かつて中世の貴族や領主の館・居城を改装したホテルとその敷地内に建てられたホテルを

併せて古城ホテルとすると注訳がありました。

果たしてどんなホテルなんだろうとの思いをしながら・・・着きました。

ヤークトシュロス ニーダーヴァルト

A_0467_convert_20170202210549.jpg

お部屋はごく普通のお部屋でしたが、やはりこちらもベッドが小さめでした。

シングル2台でしたが通常より小さく感じました。

A_0462_convert_20170202210535.jpg

ホテルについては注訳があったのであまり期待はしていませんでしたが想像に近い部屋でした。

ゆっくり休んで明日は最終日 リューデスハイムからライン川をドライブしながら

ケルンへ そしてフランクフルト空港へ

明日もまた大移動です。



















1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。

初めてのヨーロッパはドイツ旅行 観光1日目

めてヨーロッパへ旅をすることになりました。

初めてのヨーロッパ、ドイツと言う事で個人旅行ではなくツアーにしました。

以前よりずっと行って見たかった、ドイツお城巡りとクリスマスマーケット。

去年の12月19日から3泊5日のハードスケジュールでしたが、ノイシュバンシュタイン城では

この時期にしては、数十回に一度と言われるくらいの快晴に恵まれ美しい景色を満喫してまいりました。

今回は羽田からのフライトとなります。

羽田 ⇒ フランクフルト乗り継ぎ ⇒ ミュンヘンです。

航空会社も初めてのルフトハンザドイツ航空。 約13時間のフライトです。

フランクフルトからミュンヘンへの乗り継ぎではトイレ休憩程度で約30,40分位。

やっと空港に着きホテルに向かいます。 外はかなり冷え込んでいました。

この日の宿泊先は ” チューリップインミュンヘンメッセ ” 建ったばっかりのニューホテルです。

簡素な感じでしたが清潔感があって特に問題はありませんでした。

翌朝は7:30スタートです。シャワーをしてさっさと休みます。

観光1日目 

《 ヴィース巡礼教会 》  ~ ロマンティック街道を通ってホーエンシュバンガウへ

《 ノイシュバンシュタイン城 》 ~ ローテンブルグへ

ホテルを出発してヴィースへ約90Kmの移動です。 

車窓からの景色ですが、区画整理されているというか、町は綺麗に立ち並んでいます。

古い建物もきちんと周囲が整頓されて美しい街並みでした。

A-DSC00006_convert_20170120202739.jpg

少し移動していくと段々景色が変わり雪景色となってきました。

小高い丘にひっそりと家が建っていますが、人の気配があまり感じられず

住んでいるのか・・・無人なのか・・・とちょっと考えてしまう所でしたが、

煙突から煙が立ち上がっている様子から多分家の中では生活をしているのだろうと思います。

A-DSC00007_convert_20170120202803.jpg

ヴィース巡礼教会に着きました。

A_0027_convert_20170120203426.jpg

A_0029_convert_20170120203503.jpg

A-DSC00013_convert_20170120204744.jpg

辺り一面雪景色となっていました。

A-DSC00017_convert_20170120203547.jpg

A-DSC00016_convert_20170120203600.jpg

一番奥に見える山がドイツアルプスと言うそうです。

A-DSC00031_convert_20170120203841.jpg

A-DSC00018_convert_20170120203617.jpg

A-DSC00024_convert_20170120203750.jpg

教会を観光後ロマンチック街道を通り約25Km、ホーエンシュバンガウへ

憧れのノイシュバンシュタイン城です。

A_0102_convert_20170120210902.jpg

A_0108_convert_20170120210916.jpg

ルートヴィヒ2世が幼年時代を過ごしたホーエンシュヴァンガウ城。

A_0067_convert_20170120210957.jpg

山の麓からは馬車が出ておりノイシュバンシュタイン城まで馬車で行くことが出来ます。

ただし、一台の馬車にある程度人数が集まってからの出発となる為、時間に限りがある場合は

歩いて行く方がいいと思います。で、私も歩いてお城まで行くことにしました。

A_0094_convert_20170120211509.jpg

A_0073_convert_20170120211019.jpg

A_0079_convert_20170120211104.jpg

A_0074_convert_20170120211050.jpg

お城の観光が終わって昼食です。(お食事編でご紹介させて頂きます。)

昼食の後は是非、行って見たかったローテンブルグへ約245Kmの移動です。

途中トイレ休憩をしながらホテル到着です。

本日の宿泊先は ” シュランネ ” です。

ホテルと言っても日本で言うペンションのような小さなホテルでした。

ホテル到着後は夕食です。

この日はオプションでローテンブルク城壁夜景散策とドイツ名物料理ディナーを付けました。

どんなお食事か少し期待していましたが、撃沈! (お食事編にてご紹介します。)

この写真をご覧なると一目瞭然 ローテンブルクです。

A-DSC00086_convert_20170122190722.jpg

オプションで今回はローテンブルク夜景散策に出かけました。

夜景とあってすっかり辺りは暗くなっていまして、お店もほとんどクローズ!

ウィンドーはクリスマスの飾りつけでとっても可愛かったですが、

生憎お買い物をすることは出来ずとても残念でした。

A_0126_convert_20170122184405.jpg

A_0127_convert_20170122184420.jpg

A_0130_convert_20170122184435.jpg

マルクト広場も人影もなく、ひっそりしていました。

A_0135_convert_20170122184502.jpg

A_0145_convert_20170122184514.jpg

路地を入ってもとてもキュートな飾りつけ、やはり日本のクリスマスとは違います。

A_0149_convert_20170122184528.jpg

A_0156_convert_20170122184540.jpg

A_0157_convert_20170122184553.jpg

A_0175_convert_20170122184733.jpg

A_0164_convert_20170122184705.jpg



では 観光2日目はローテンブルク観光からハイデルベルクです。




1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。

2泊3日の夏休み

暑お見舞い申し上げます。

連日の厳しい暑さ、皆さまいかがお過ごしでしょうか・・・

DSC00023_convert_20160810091741.jpg

先日孫家族を連れて西伊豆へ出かけてきました。 

DSC00072_convert_20160810091750.jpg

私達が宿泊した「堂ヶ島ニュー銀水」というホテルの下にはプライベートビーチの

ようなつばさわ海岸が広がっており、入江になっているため波も少なくまた

透明度も高くきれいな海でした。

DSC_0104_convert_20160810091619.jpg

ビーチには岩礁等があり多様な魚が生息していて小魚、フグの子どもや

小さなイカ、カニなどを見つけて楽しんでいました。

ただ浜辺が砂浜ではなく砂利浜なので大人でもちょっと大変、マリンシューズを

持参すればよかったと思いました。

プライベートビーチのようなと言いましたがここは富士箱根伊豆国立公園に

属しているそうです。

しかし多分ビーチに降りるにはホテルの中を通らないと降りることはできないと思います。

だからほとんどがホテルの宿泊者が利用している感じです。

DSC00001_convert_20160810091943.jpg

青空が広がりとても気持ちのいい時間が流れていきます。

DSC_0172_convert_20160810091711.jpg

今回は2泊3日なので少しゆっくり過ごす事が出来ました。

チェックインは14時ですが11時から利用が出来、チェックアウトは

10時ですが13時まで利用が可能とあって、最終日も十分楽しむことが出来ました。

去年は生憎の天候で海を楽しむことがほとんど出来なかったので、

今回は全天候型と思い屋外プールに屋内プール完備のホテルをチョイスしました。

お天気には大変恵まれましたが孫は海、屋外プール、屋内プールで存分に

楽しんでいたようです。

DSC00010_convert_20160810093057.jpg

DSC_0171_convert_20160810091659.jpg

DSC00030_convert_20160810093107.jpg

DSC_0169_convert_20160810093119.jpg

20年振り位の海とあって私は果たして泳げるのだろうか・・・と思いましたがどうにか浮きました。

お見せ出来る程の泳ぎでは全くありませんがとりあえず浮いた証拠に

DSC_0174_convert_20160811193312.jpg

DSC00013_convert_20160810091957.jpg

そして旅の一番の楽しみは夕食です。

写真の写りが今一ですがとても豪華でおいしく頂きました。

DSC_0060_convert_20160810091540.jpg

DSC_0115_convert_20160810091632.jpg

伊勢海老のお造り、お刺身の盛り合わせ、アワビのステーキ等々

手の入ったお料理の数々。

国内旅行の食事でなかなか合格を出さない主人も納得のお料理でした。

お料理についてはホームページをご覧いただいた方がいいかもしれません。

http://www.dougashima-newginsui.jp/meal/

今回宿泊したお部屋からは三四郎島が目の前に見える海側の絶景を望む部屋でした。

夜空には三日月がくっきりと輝き星空がきれいでした。

お庭で花火をしている家族が数組、凜ちゃんもイッチョ前に花火を楽しみました。

DSC_0130_convert_20160810091647.jpg


http://www.dougashima-newginsui.jp/

http://www.dougashima-newginsui.jp/event/summer_event.html

今回宿泊した「堂ヶ島ニュー銀水」さんですが、スタッフの方皆さまが

とても気持ちのよい方ばかりで、対応に感動しました。

館内の清掃も行き届いており、眺めも最高お料理も申し分ない。

こんなに全てがそろったホテルに久しぶりに泊まることができて

とても気持ちがよかったです。

主人とはまた泊まりに来ようと話しながら帰路につきました。







1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。

御坂農園

雨明けが待ち遠しい今日この頃

ゲリラ豪雨で被害が出ている地域は本当にお気の毒なことです。 

被害が出る地域はいつも同じようで大変ご苦労なことだと思います。

心よりお見舞い申し上げます。


そのような方から比べれば値しない私の困りごとですが、実は最近PCを買い換え

ました。

以前はVistaでしたが来年4月にはサポートも終了するとのこと、少し調子が悪く

なることもあってDELLのWindows10のPCに変えました。

しかし、以前は一度にまとめて画像の縮小が出来ていたのですが、

10になってどこをどうすれば縮小ができるのか・・・困っています。

それに10になって使い勝手がどうもややっこしくて・・・

・・・・・慣れるまでまだまだ時間がかかりそうです。


先日孫を連れて桃狩りに出かけてきました。 行った先は山梨の「御坂農園」 
http://www.misakanoen.co.jp/

お友達に教えていただき早速出かけてきました。

私たちはもぎ取り2個のついたコースで、マイクロバスで畑まで移動です。

DSC00012_convert_20160718205505.jpg

凜ちゃんもいっちょまえに脚立に登って桃を取ります。

桃はその茎がしっかり木に食い込むようについているので、取るときは滑らせる

ように取るのだと教えていただきました。

食べ放題と言ってもそうそう食べられるものじゃないでしょうと言いながらも結構いただきました。



次に笛吹川フルーツ公園へ
http://fuefukigawafp.co.jp/

DSC00014_convert_20160718205909.jpg

とても広い敷地に子どもたちが楽しめる施設が一杯、ミニ機関車風の乗り物で施設内を

移動することもでき、渓流を再現したアクアアスレチックでは水遊びに夢中でした。

綺麗な花壇があり、また施設も充実しているのに入場料もいらず素晴らしいです。

DSC00016_convert_20160718205529.jpg

DSC00017_convert_20160718205545.jpg

DSC00019_convert_20160718205605.jpg

DSC_0899_convert_20160718205254.jpg

DSC_0920_convert_20160718205308.jpg

DSC_0932_convert_20160718205339.jpg

園内から富士山も眺めることができます。

DSC_0954_convert_20160718205354.jpg

最後にみんなで「ぷくぷく温泉」へ 
http://puku-puku.com/bath.html

DSC_0949_convert_20160718211636.jpg

DSC_0956_convert_20160718205407.jpg



山梨県は本当にフルーツ王国ですね。 

8月から10月はブドウ狩りのシーズンのようです。

DSC00003_convert_20160718205437.jpg

DSC00011_convert_20160718205452.jpg

是非、また行ってみたいと思います。


写真が上手くアップできず残念です。 しばらくは苦戦しそうです・・・










1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。

箱根 山のホテル

京のツツジの見頃は4月から5月 大体4月上旬からのようですが・・・

今年はいつもTVで見てその素晴らしさに圧倒されていた ” 箱根 山のホテル ” 

のツツジが見たいと思い行ってきました。

本当は5月上旬のゴールデンウィーク頃に行こうかと話していましたが、

どうもまだ見頃には早すぎるとのようだったので、出かけるのを少し延ばす事にしました。

主人とホテルのホームページに載っている、スタッフブログを頼りに見頃はいつか いつかと

時期を逃さないようにチェックしていました。

ブログには庭園の写真がアップされスタッフのコメントが添えられています。

そして5月13日のスタッフブログ ” 見頃です ” を見て早速14日出かけてきました。

DSC_0556.jpg

駐車場はほぼ満車状態でしたが幸いホテルの駐車場に止めることが出来ました。

チャペル側の駐車場に止めて早速庭園へ

庭園内は外国の観光客の方も沢山見えていて、写真を撮るにも人待ちすることが多く

なかなかいい景色だけを収めるのが難しい状態でした。

DSC00027.jpg


この時期まだ箱根では藤の花やしゃくなげも綺麗に咲いていました。

DSC00013.jpg

DSC00016.jpg

ただ非常に残念だったのはチケット売り場に書かれていた 「 見頃は過ぎました 」と言う文字。

チャペル側から庭園へ入って行きましたが、白系ツツジが比較的綺麗な状態でと言う表現で、

赤系ツツジはほとんど枯れていて、全体では5分枯れ状態。

スタッフブログを頼りに訪れた私たちはかなりのショックでした。

5月13日のスタッフブログ ” 見頃です ”

5月14日のチケット売り場と庭園の様子 ” 見頃は過ぎました ” 

日が明けるとツツジが5分枯れ状態になったようです。

スタッフの方は多分屋上から撮影された写真をアップされていたのだと思いますが

確かに屋上からだと目の前で見るツツジとは違い、全体に赤、ピンク、薄ピンク、白・・・と

色どりよく綺麗に写っていたかと思いますが・・・・・残念でした。

DSC00020.jpg
こちらも綺麗に見えていますがほとんど枯れています。

しかし気を取り直して出来るだけ綺麗な庭園をカメラに収めてきました。

DSC00025.jpg

DSC00011.jpg

1時間程度庭園を歩いた後は、いつも箱根に来ると立ち寄る日帰り温泉 ” 湯の里 おかだ ” へ

秋の紅葉から半年ぶりの箱根でした。






1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。
プロフィール

Samansaおばさん

Author:Samansaおばさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
明日のお天気は? ☀ ☁ ☂ ☃

-天気予報コム- -FC2-
Travel
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
fc2 blogranking
励ましの、1日1回応援クリック よろしくお願いします  
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。