Canada Vancouver

10月1日 成田よりAir CanadaにてVancouverへ

今回は初めてのカナダとあって、往復の飛行機と宿泊先だけが決まったツアーに申し込みました。

後は終日フリー。 

事前にネットで色々検索をして計画を立て、2日目のアフタヌーンティーは飛行機でヴィクトリアへなんて、

どこをどのように回るか・・・何があるか等色々調べている時からがとても楽しい時間でした。

ググって地図上を歩いて町を見ていると、行く前から何だか行っているような気分になったりして

しかし、実際行ってみると英語が出来ないので結構疲れる場面にも遭遇。 

これが旅の醍醐味と言えばそうなのかもしれないけど ・・・・・

成田に着くと少し時間があったのでネイルをお願いしました。

DSC_1023.jpg DSC05730.jpg 
                               わかりずらいですが、カナダ国旗のメイプルです。
                                気分はすっかりCanada                                          
DSC05666.jpg

そしてCanadaに到着。初日は晴天ならGrouse Mountainへ そうでなければGranville Islandの予定でした。 

現地のツアーコンダクターの方からお天気の状況を説明していただき、Granville Islandに決定。

荷物をホテルに預けると、ツアコンの方が通り道だと言うのでGranville Islandまで送って頂きました。

Granville Island
グランビル橋直下、フォールス・クリークという入り江に突き出した小さな出島に、90軒以上のショップ、40軒を超えるレストランやカフェ、その他パブリック・マーケット、ホテル、小劇場、ビール工場などが集まっている人気エリア。
カナダ初のマイクロブリュワリー(地ビール工場)だったグランビル・アイランド・ブリュワリーでは、製造過程の見学やビールの試飲も出来ます。
Granville Islandへは、SB Granville St/NS w Georgia StからBUS050で行く事が出来ます。
バスで行くと降りるバス停は橋を渡って渡りきった所。周りには何の看板もなく、誰もいません。
少し歩くとGranville Islandの看板が橋の下にちょこんとあるだけです。

DSC_1027.jpg

DSC_1028.jpg

いきなりKids Marketです。 ここでは孫の絵本をGet  ・・・これはちょっと大きくならないと読めないかな
DSC05740.jpg

DSC_1030.jpg

DSC_1031.jpg

DSC_1033.jpg

DSC_1035.jpg

ここはPuvlic Marketの中にあるパン屋さん。おいしそうなパンに目移り。 
DSC_1041.jpg

パブリック・マーケットでは、農家直送の野菜、焼きたてパン、近海物のサーモンなどの魚介類や自家製ソーセージ、他にも地元アーティスト手作りの様々なクラフトが売られています。

わたしもここで、ハンドメイドの孫の帽子を買いました。
DSC05738.jpg

少し歩き疲れたので、小休止。
DSC_1043.jpg

DSC_1049.jpg

DSC_0001.jpg

DSC_0004.jpg

フォールス・クリークを挟んでダウンタウンの南側に位置する為、ダウンタウンからは小さな渡し船が頻繁に行き来しています。中には自転車ごと乗り込めるフェリーもあるのでサイクリングの途中での訪問も楽しいかもしれません。

DSC_0005.jpg

DSC_0008.jpg

私達もここのフェリードッグから船に乗り対岸のアクアティックセンターまで渡る事にしました。
DSC_0009.jpg

DSC_0011.jpg

ずっと奥の方に黄色い屋根の建物が見えますが、あそこがさっき行ったPubiic Marketです。
DSC_0012.jpg

DSC_0016.jpg

対岸に渡りこちらがEnglish Bay Beachです。
DSC_0021.jpg

DSC_0022.jpg

バンクーバーでは、街中のいたる所に自転車専用道路やサイクリングコースが整備されています。ここイングリッシュベイでもサイクリングをしている方を沢山見かけました。
DSC05672.jpg

DSC_0024.jpg

DSC_0028.jpg

一旦ホテルへ 部屋からの眺め。
左の通りがメインストリートのロブソンストリート。
DSC_0029.jpg

荷物を置いて町を散策。
DSC_0030.jpg

DSC_0032.jpg

Canada Place
1986年に開催されたバンクーバー万博のカナダ館を、そのまま利用したコンベンション&トレードセンター。
2010年にはバンクーバーオリンピックのメディアセンターとして利用された新館が増設されて、聖火台と共に新しいバンクーバーのランドマークとなっています。夏にはアラスカに向かう大型クルーズ船のターミナル。
DSC_0038.jpg

DSC_0040.jpg

DSC_0042.jpg

DSC_0045.jpg

茶色い建物がWaterfront Stationバンクーバーの交通機関が集まっている場所です。
DSC_0046.jpg

再びイングリッシュベイに戻って来ました。 何となく1週した感じでしょうか 
DSC_0047.jpg

English Bay Beach
バンクーバー市民の憩いの場となっている静かな砂浜です。ベンチ代わりに置かれた流木にもたれ掛かり夕日を眺めるのがバンクーバー流とあって私達も夕日を眺めに。
DSC_0048.jpg

生憎の曇り空だったので、辺り一面が黄金色に染まるロマンチックな光景には出会えませんでした。
DSC_0054.jpg

本日のDinnerはこちらThe Boathouse Restaurant
イングリッシュ・ベイを一望出来るロケーションのレストランとあって、事前にググってました。
http://boathouserestaurants.ca/
シーフードを中心にメニューも充実していて、主人は楽しみにしていた牡蠣をいただきました。
私はチーズやバターが苦手なのでスペシャルリクエストをすると、ウエイトレスのお姉さんも色々聞いてくれて、お勧めのシーフードのグリルを頂きました。

またまたフライング  主人が好物の牡蠣を早々とたいらげてしまいました。
DSC05673.jpg

DSC_0051.jpg

DSC05675.jpg

アメリカもそうですが、Tipの国はお会計が面倒ですよね。チップは15~20%と言う事ですが、かと言って一々計算することに慣れていないので、単純に20%で計算してましたが、それが結構な金額になったと後で気がつきました。

タクシーの運転手の方等には、紙幣と小銭をみせて勝手に取ってもらってましたが、そうそう悪い人には出会わず、妥当な金額を取ってもらったように思います。バンクーバーのタクシーの運転手さんはなかなか正直者のようです。




1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Samansaおばさん

Author:Samansaおばさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
明日のお天気は? ☀ ☁ ☂ ☃

-天気予報コム- -FC2-
Travel
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
fc2 blogranking
励ましの、1日1回応援クリック よろしくお願いします  
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる