桜満開 !

京は桜満開 

今日は一人散歩です。  に乗って山手線駒込駅 駅からも桜並木が見えます。

DSC04156_convert_20130322210636.jpg

向かう先は ” 六義園 ”

六義園について ee-tokyo.com より

特別名勝 六義園  りくぎえん

 本園は元禄十五年(1702)武州川越藩主柳沢出羽守吉保が構築した庭園で、江戸の
大名庭園中現存する日本で屈折の名園です。昭和十五年八月史跡名勝天然記念物保存法に
よって名勝の指定を受け、昭和二十年八月四月特別名勝となり、日本でも特に優れた名園
として大切に保存されています。
 庭園の形式は江戸時代の庭園にみる所謂回遊式築山泉水庭と呼ばれます。園の中央に池
を設け、中島を置き島に妹背山があり、東南部に平坦な芝生、その他の部分には大小多数
の築山が起伏し、園の北部に最大の築山藤代峠を設け、各所に桃の茶屋・滝口の茶屋・吟
花亭・熱海の茶屋・つつじの茶屋・芦辺の茶屋等あづまやを配しています。その後改修、
また今次大戦により焼失したものもあります。またこの庭園の作庭については、吉保自身
の培った文芸趣味の思想に基づき、自分から設計七年余りの歳月を費やし池を掘り、山を
築き流れをみせて、紀州和歌の浦の景勝を、あるいは「万葉集」や「古今集」から名勝を
選び園内に八十八景を写りだすという園の構成です。
 「六義園」の名は、中国の古い書物である毛詩に配されている賦(ふ)・比(ひ)・
興(こう)・風(ふう)・雅(が)・頌(しょう)の六義に由来する和歌の六体によるも
ので、吉保自身「むくさのその」と呼ばせ、館を「六義館」と書いて「むくさのたち」と
詠ませています。
 このような庭園も吉保が没した後は荒れる一方であったが、文化七年にいたり漸く整備
され、明治十年頃付近の藤堂・安藤・前田の各氏邸とともに、岩崎弥太郎氏の別邸の一部
となるに及んで再び昔の美しさを取り戻し、昭和十三年一月岩崎氏から庭園を中心とした
三万余坪を市民の鑑賞・休養の地として、東京市に寄贈され同年十月東京市の管理のもと
に公開され今日にいたっています。


DSC04157_convert_20130323145802.jpg
今日はお天気も良くて染井門では入場券を買う為に行列が出来ました。
私も並んで入る事になりました。

DSC04168_convert_20130322194648.jpg
これが有名なしだれ桜です。 丁度今日からライトアップが開催されます。

DSC04169_convert_20130322195057.jpg

DSC04171_convert_20130322195258.jpg

DSC04176_convert_20130322195342.jpg

DSC04179_convert_20130322195534.jpg

DSC04161_convert_20130322194305.jpg

DSC04164_convert_20130322194513.jpg

DSC04185_convert_20130322195642.jpg

DSC04188_convert_20130322195912.jpg

DSC04194_convert_20130322200041.jpg

DSC04195_convert_20130322200202.jpg

DSC04198_convert_20130322200322.jpg

DSC04199_convert_20130322200522.jpg

DSC04202_convert_20130322200635.jpg

DSC04203_convert_20130322200725.jpg
妹山・背山(いもやま・せやま)
 中の島に築山。古くは女性のことを
妹(いも)、男性のことを背(せ)と
呼び、この中の島は男女の間柄を表現
しています。イザナギ・イザナミの故
事にちなむ「せきれい石」もあります。

DSC04209_convert_20130322200903.jpg
臥龍石
龍の背のような姿を見せる石です。

DSC04214_convert_20130322201219.jpg

DSC04211_convert_20130322201020.jpg
お池の周囲はとても手が行き届いて美しいですが、少し離れると自然なまま
木々は伸び放題となっていました。

DSC04216_convert_20130322201329.jpg

DSC04217_convert_20130322201404.jpg

DSC04233_convert_20130322202936.jpg
藤代峠(ふじしろとうげ)
 園内で一番高い築山で標高35m。
いただきは「富士見山」と呼ばれ、そこ
からは素晴らしい展望が開けています。
 紀州(現在の和歌山県)にある同名の
峠から名付けられました。

DSC04219_convert_20130322201545.jpg

DSC04225_convert_20130322201622.jpg

DSC04226_convert_20130322201700.jpg

DSC04232_convert_20130322202301.jpg

DSC04220_convert_20130322202412.jpg

DSC04236_convert_20130322202834.jpg

DSC04237_convert_20130322202527.jpg
渡月橋(とげつきょう)
 「わかのうら 芦辺の田鶴の鳴声に
夜わたる月の 影そさひしき」の歌か
ら名付けられた石の橋。2枚の大岩の
重量感が、あたりの雰囲気を引き締め
ています。

DSC04241_convert_20130322202644.jpg

DSC04242_convert_20130322202716.jpg



滝見茶屋やつつじ茶屋、また吹上茶屋では池を眺めながら、ゆっくりと抹茶(抹茶と上生菓子のセット500円)を楽しむことが出来ます。


今度行く時には美味しいお弁当を持参したいと思います。
ちゃんとスペースが用意されていました。


もっと色々見てみたいとおっしゃる方にはこちらをご紹介します。

http://www.ee-tokyo.com

東京には素敵な庭園がまだまだ沢山ありますね。

また 時間がある時にはお散歩して見たいと思います。


PS.早速 yahooニュースに六義園のしだれ桜ライトアップが載っていました。










1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Samansaおばさん

Author:Samansaおばさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
明日のお天気は? ☀ ☁ ☂ ☃

-天気予報コム- -FC2-
Travel
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
fc2 blogranking
励ましの、1日1回応援クリック よろしくお願いします  
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる