結婚35周年

事ではありますが、今年10月10日で結婚35周年を迎えることになりました。

長いようであっと言う間の35年だったように思います。

二人の子どもも独立しそれぞれの家庭を持ち、孫が一人誕生し

笑顔の絶えない毎日を送らせていただいております。

そして今回の記念日をお祝いし息子からジョエルロブションでのDinnerを招待

されました。

当初は海外旅行でもどうですかと言われてましたが丁重にお断りすると、

「 では 是非ジョエルロブションでお食事を 」 との事となりました。

もともと、バターやチーズ等の乳製品が頂けない私としてはフランス料理店に

お邪魔するのは論外だと思っていましたので、当然ジョエル・ロブションと

言われても???

そこでインターネットで調べ始めました。

すると、「 ジョエル・ロブション」 と言えば

世界11カ国に店舗を持ち、ミシュランガイドにて総数28個の星を獲得しており、

「世界一星を持つシェフ」としても知られていて、

日本国内では東京に6つの店舗を持ち、そのうちの「ガストロノミー ジョエル・

ロブション(恵比寿ガーデンプレイス)」が三つ星、「ラ ターブル ドゥ ジョエル・

ロブション(恵比寿ガーデンプレイス)」が二つ星、「ラトリエ ドゥ ジョエル・

ロブション(六本木ヒルズ)」が二つ星を獲得しているそうで、

ご存知の方も多いとは思いますが・・・

そして私が今回頂くDinnerのお店がフランス料理最高峰のブランド、世界で

初めて登場したガストロノミーJoël RobuchonでDinnerだなんて・・・

改めて息子からのプレゼントに緊張です。

まぁ最低限度のマナー位は知識としてはありましたが、調べてみると皆さん

結構好き勝手に書かれています。

ナプキン一つにしても、輪の方がお腹側になるようにとか・・・膝側になるようにとか・・・

バッグは右側に置くとか・・・椅子への出入りが左側からなので、右におくと

お隣のテーブルの方に迷惑になるから左側の床に置くとか・・・?   

一体どちらが正しいのか・・・?

『ガストロノミー ジョエル・ロブション』 ご覧のようなシャトーレストラン 

なんだかお姫様になったような気分です。
DSC00001_convert_20161008090339.jpg

入店の時刻はすっかり辺りは暗くなってきていました。
DSC_0144_convert_20161008090106.jpg

入っていきますと、まず『ガストロノミー ジョエル・ロブション』の横にある

『Rouge Bar』へ案内されました。店内は赤の世界。

落ち着きのある照明に、スワロフスキーが輝いておりました。

そして間もなくコーナー席に案内されました。

店内のテーブルクロスは黒、壁は大きなガラスケースに覆われ中は

スワロフスキーが飾られまばゆいばかりのゴールド。

最初にワインで乾杯! 

次にお料理ですが、私たちは前菜2品、主菜1品のコースでお願いしようと

思っていましたが、私は事前に頂けない食材を伝えていたので、特別メニューを

用意してくださりました。 で、あれこれ迷わずそれでお任せしました。

本来はキャビア アンペリアル ミモザ風が最初に提供されるお料理ですが、

キャビアの下にはチーズがあると言う事でメニューを変更しての提供となりました。

テーブルにはオリーブオイルがそして主人には大きなバターから少量が取り分けられました。

そしてパンがワゴンで沢山運ばれてきます。

一つ一つ説明をして頂き好きなパンを頂きます。パンは主菜の前まで提供されます。

どのパンもおいしくて・・・ただ食べ過ぎると後のお食事が頂けなくなるので

少し控えめにいたしました。

DSC00014_convert_20161008090454.jpg

そして、お料理です。
まずはじめに、とろけるキノアをとじ込めてフライに
スモーキーなピキオスのソースにのせて

DSC00012_convert_20161008090427.jpg
いつもなんですが私の写真はどうも上手く撮れずボケてしまって折角のお料理もおいしそうに見えなくて申訳ありません。
香ばしいキノアとコロッケのような食感で楽しく頂きました。

いよいよお食事を頂きます。 カトラリーですがご心配なく、まぁ普通に

外側から順に使用していけば問題ないのですが、ロブションではその都度

必要なカトラリーを持ってきていただけたので何の心配もなくよかったです。

次に前菜です。
真鯛 シンプルにオリーブオイルでカルパッチョにし、花穂ジソを香らせ
キャビアを添えて

DSC_0148_convert_20161010232717_convert_20161010233802.jpg
真鯛のカルパッチョだけだとごく普通ですが、キャビアが添えられているだけで
美味しさも一段と増しました。

前菜2品目。
ビーツ リンゴと合わせ、苦味のあるサラダとグリーンマスタードのソルベと共に
DSC00015_convert_20161008090508.jpg
ビーツとリンゴのタルタルの上に、バジルなどの苦味のあるサラダがのって、
リンゴの甘みと、マスタードのソルベの酸味が混ざり、いろいろな味と食感に出会え
私はとてもおいしく頂きました。
主人はちょっと癖があって・・・と言ってました。

次に主菜ですが、本当は主菜1品のコースだったんですが、多分メニューを

変更して特別メニュー仕立てとなったので、本来の主菜を少しアレンジして

2品提供されました。

主菜1品目。
ブラック・コッド 香り良くキャラメリゼし
ワサビ風味のチンゲン菜とオリエンタル・シヴェソース

DSC00016_convert_20161008090521.jpg
ちょっとフライングです。ごめんなさい。
ブラック・コッドは肉厚のお魚で食べごたえがありました。
ソースともよくマッチしていてとてもおいしく頂きました。

食事中もワイングラスが空いてくるとすかさずオーダーを聞いて頂いたり、

グラスのお水が少し減るとすぐお水をついで頂いたり、とても気配りがありました。

それもそのはず、こちらには宮崎辰さんと言う『 メートル ドテル 』 がいらっしゃって

1961年にフランスでスタートしたコンクール、「クープ・ジョルジュ・パティスト」で

見事、世界一 に輝やかれた方なんです。

「 メートル ドテル 」とはレストランにおける全シチュエーションに責任を持つ、
サービスのプロ。
日本ではまだ一般には馴染みが薄いが、食事のひとときが楽しくなるよう、
なにくれとなく気を配ってくれる存在だそうです。

生憎 私たちが伺った日にはお見受けしなかったように思いますが、

皆さん素晴らしい気配りの方でした。

主菜2品目。
国産牛 グリエにし、旬の野菜と香り高い”ジュ”を添えて
DSC_0149_convert_20161010232730_convert_20161010234020.jpg
お肉は言うまでなく柔らかくいい加減にグリエされてとてもいいお肉でした。
また、野菜がことのほかおいしかったです。
主人も高級レストランで供される野菜はどこもおいしいと改めて言ってました。

入店時は少し緊張気味でしたが、ソムリエの方の気取らない話かけや楽しい会話、

また、スタッフの方達が気さくに声をかけてくださったり、気が付けば

すっかりリラックスしてお食事を楽しんでおりました。

周りの方はとちょっと目を配ってみますと、やはり何かの記念日の方や

お誕生日をお祝いされているような方、また会社の接待でしょうか・・・

そして恋人同士の方、お友達と・・・いつの間にかテーブルも満席状態になっていました。

写真ですが、最初は高級過ぎて写真を撮れるような雰囲気じゃないだろうと

思っていました。事前にインターネットで見ていると皆さん結構お料理の写真を

アップされていて、以外に大丈夫なのかなぁ~?と言う感じでもありました。

実際スタッフの方も折角の記念日だから残しておきたいですよねと気持ちよく

言っていただき、周囲の方も結構写真を撮られていました。

そして、結婚35周年の記念に伺ったと言うと、お祝いのプレートがサプライズされました。
DSC00022_convert_20161008090631.jpg
そして、主人と二人記念撮影をして、帰りには撮って頂いた写真まで頂きました。

デザートです。
巨峰 グラニテやジュレにしてフロマージュ・ブランと共に
DSC00023_convert_20161008090713.jpg
巨峰のお味がとても濃いグラニテでした。

そしてその後はエスプレッソとプチフール、ミニャルディーズ等を頂きました。
DSC00025_convert_20161008090727.jpg
ちょっとフライングです。ごめんなさい。
DSC00027_convert_20161008090551.jpg
チョコとバラのマカロンです。

こちらのワゴンの飾りつけもすべてパティシエの方が作られたそうです。
DSC00026_convert_20161010232749_convert_20161010234153.jpg

本当は頂きたいお菓子が沢山あったのですがカロリーオーバーなので、

このへんで控えることにしました。

テーブルでお会計を済ませるとソムリエの方が1Fまで案内してくれ、そして紙袋に

入れたおみやげのパンまで頂きました。
DSC00031_convert_20161008090617.jpg

ソムリエの方とスタッフの方にはドアの外まで送って頂き、しばらく佇んで見送って頂き恐縮しました。

黄金色に輝く壁面 とてもゴージャスな雰囲気の中、最高級のお料理を頂き

多分一生に一度の至福の時間、貴重な経験をさせていただき、

招待してくれた息子には感謝の気持ちで一杯です。

確かにちょっとした海外旅行の旅費位は出そうなお会計でした。



これはなかなか自腹で行けるような場所ではありませんが、

ロブションは他にもお店を展開していて以外と極上リーズナブルランチが

頂けるお店とかもあるようです。

「日本橋高島屋」2階の『ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション』
プリフィクスコースで楽しむ極上お値打ちランチ。
レストランと変わらぬ味とスタイルで、なんと¥2,000でお釣りがきてしまう。

六本木『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』
プリフィックススタイルのランチコースやアラカルト等も充実しているようです。
料理1品&ワイン1杯だけなんていうのもOKとあります。

丸ノ内店『ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション』
ロブション流ファーストフード
ガレット(そば粉のクレープ)」やパスタ、スープ他幅広いメニューがあります。
ロブションのミルフィーユがおいしそう。

『ジョエル・ロブション』世界初のパン専門店
『ル パン ドゥ ジョエル・ロブション』と『ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション』。

この日も恵比寿のガストロノミー ジョエル・ ロブション地下にあるパン屋さんで

お土産にパンを買って帰りました。

レストランでも沢山いただきましたが本当においしいパンばかりでした。

食べだすと止まらなくなりそうでした。

もし機会がありましたら是非訪れてみてください。





1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

三寒四温

DSC_0097.jpg
平成28年 お正月 

今年はお正月から晴天の穏やかな日に恵まれ暖冬だったように思いますが

最近は一段と春の気配を感じる暖かな日が多くなってきましたね。



実は私1月が誕生月で新年そうそう還暦のお祝いを家族がしてくれました。

60歳と言っても別段何かが変わるわけではないのですが・・・・・今年は厄年です。

ちなみに厄年の数え方ですが、数え年で数えるそうです。

数え年とは、誕生日に関係なく、生まれた年を1歳、翌年を2歳として数えるそうです。

ですから今年1月に60歳になった私は正に人生最後の厄年でもあります・・・・・

ご参考までに:男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳・61歳が厄年にあたり、

その前後を前厄(まえやく)、後厄(あとやく)として、3年間を忌(い)み慎(つつ)しみの年とするそうです。

中でも、男性の42歳、女性の33歳は、人生の大厄(たいやく)とされます。

普段はあまりそういうことを気にしないタイプなのですが・・・年なのかなぁ~

ちょっと気にするようになってきたような気もします。

そこで、厄年の過ごし方なるものを目にしました。 それによると

厄が溜まってくると、イライラして、怒りぽっくなったり、気分がふさぎ込み、何をしても

憂鬱になったり、物事を悪い方へ悪い方へ考えるようになったり、体を動かすのが

面倒になったり、決断のタイミングが悪くなったりするそうです。

厄が溜まると、環境が与えてくれた幸運を吸収できないだけでなく、本来持っている

才能や運を、思うように発揮できなくなるとありました。

そこで厄年の時には心に溜まった厄を落とし、厄がつかない習慣を身に付ける

ポイントがありました。 それによると

①何事にも拘らないで新しいことにチャレンジしましょう。
②厄が効率よく落ちる吉方位の「海」「神社」「人の集まる場所」への散歩や旅行を楽しむ。
③運のいい人の本を読んだり、話を聞いたり、ファンになり真似をしてみる。
④日本の季節の行事を楽しむ。
⑤食事は規則正しくとって、毎日、入浴する。
⑥1日1回お腹の底から笑う。
⑦「ありがとう」「おかげさま」を素直に言う。

私的に③はないなぁ~と思いながらも、日々感謝の気持ちを持って楽しく過ごしていきたいと思っています。


還暦祝いより  まずはふぐの和懐石で

DSC_0196.jpg

DSC_0201.jpg

DSC_0197.jpg

DSC_0202.jpg

DSC_0204.jpg

DSC_0208.jpg

日を改めてのお祝い  ペニンシュラ東京 ” PETER ” にてこの日はピーターでランチを頂きました。

アペタイザー 鰤のカルパッチョ 鰤のカルパッチョ 柚子風味 グリーンオニオンのサルサ 
アペタイザー  鰤のカルパッチョ 柚子風味 グリーンオニオンのサルサ

メイン  本日の魚のソテー 赤キャベツ 玉ねぎとケッパーの軽い煮込み 紅ずわい蟹と蕪の白ワインソース
メイン  本日の魚のソテー 赤キャベツ 玉ねぎとケッパーの軽い煮込み 紅ずわい蟹と蕪の白ワインソース
私はこちらを頂きました。

メイン     蜂蜜と胡桃でキャラメリゼした鴨胸肉のロースト 林檎 芽キャベツと牛蒡 ポートワインソース
メイン 蜂蜜と胡桃でキャラメリゼした鴨胸肉のロースト 林檎 芽キャベツと牛蒡 ポートワインソース

デザート  蜂蜜のヌガーグラッセとフレッシュベリーのスタック 洋梨と栗
デザート  蜂蜜のヌガーグラッセとフレッシュベリーのスタック 洋梨と栗

ワインと一緒にいただきました。 お料理そのものは特別という程ではないですが、

お店のゆったりとした空間とそこから眺められる皇居や景色 ちょっと贅沢な時間を過ごしました。

お水ですが、ホテルだとペリエ等が一般的にメニューにあって頂きますがこちらでは

ピーターオリジナルのガス入りお水があってとてもおいしかったです。

http://tokyo.peninsula.com/ja-JP/fine-dining/peter-grill-restaurant

60歳ってこんなにお祝いしてもらえるんだ~って子どもたちに言うとこれでおしまい! 

次は米寿だと言われ先が長いなぁ~生きてるかなぁ・・・・?と心配!

でも 還暦から米寿まで一機に飛んでませんか? と調べると

古希(こき) 70歳  喜寿(きじゅ) 77歳  傘樹(さんじゅ)  80歳  半寿 81歳

で、やっと米寿(べいじゅ) 88歳  4つも飛ばされてました!

孫がやっと2歳半 この子の子どもを見るまでは元気に過ごしていたいと思っているのですが・・・

なぜならうちの母もひ孫を見ています。まだまだ元気で、そう思うと私も凜ちゃんの孫を見ないと!と思います。

151226_120200.jpg

電車が大好き! ごっとんだぁーとこの日もエレベーターで陸橋にあがってごっとんを見ました。

151226_120127.jpg

ばぁばぁの宝物 凜ちゃんをつれて先日リニューアルオープンした”ボーネルンドあそびのせかい”へ行ってきました。

18か月までのあそび場ー1

DSC05906.jpg
凜ちゃんはボールプールがお気に入りでした。

DSC05897.jpg

DSC05899.jpg

DSC05960.jpg

https://kidokid.bornelund.co.jp/experience/

http://www.bornelund.co.jp/asobi/kidokid.html

https://kidokid.bornelund.co.jp/


キドキドは天候に左右されず子どもを遊ばせる事が出来るので雨の日の

遊び場所としていいなと思いました。

小さな子どもには外のアスレチックはまだ少し危険と感じる遊びも

ボールプールになっているので多少のことは安心して見ていることが出来ます。 

ごっとん大好きの凜ちゃんは電車などのジオラマやおままごとをして楽しんでいました。

子どもたちの創造力や好奇心を駆り立てるものが一杯あって楽しいスペースになっています。



こちらは何が嫌いって針を持つこと! 工作!と言うばぁばぁが凜ちゃんのために作った作品です。

多分、最初で最後になるかもしれないのでアップさせていただきました。

おもちゃ箱とエプロン
段ボールに布を張り出来上がり

後日首の輪の部分をやり直す。(マジックテープに変更、長さも長くした)
下手なくせにデザインだけは凝ってしまう所があって、こちらも使い勝手が今一のようであまり使ってもらえてないような・・・


で、ばぁばぁの近況です。 

春節には横浜へ出かけ中華街へ。 

ちょっとお祭り気分で初めて”食べ放題”と言うお店に入りました。

感想は「うん、食べ放題だね!」と言う感じ。 

オーダー形式だったのですが、”もどき”のような材料を使っていたり、

北京ダックもとっても薄かったり、蟹爪はかにかまのような・・・

主人は食べ放題には二度と行かないと言いながら帰宅。

そして、先日は新橋にある第一ホテル東京のビュッフェランチ”エトワール”に

主人が行こうと言うので出かけてきました。

前回の食べ放題の1件があったのに懲りずにビュッフェ!?と思いましたが、

主人の案だったのでとりあえず。

ペニンシュラのランチのようにはなかなか行きませんがまぁこんなものかなって所で

お値段的にも納得です。

DSC05881.jpg

DSC05882.jpg

DSC05883.jpg

DSC05885.jpg
パスタは2種類あったようで、チーズで絡ませたパスタはおいしかったそうです。

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/dhtokyo/restaurant/40/menu/list.html


最近は主人と銀座へ出かけることが増えました。

銀座と言えばブランドショップが軒並みにありますが外国人の方が多いですね。

多分ほとんどが観光客だと思いますが爆買いされている方もまだまだお見受けします。

見ている私もついついお買いものをしてしまいます。

今年は厄年らしいですがこんな感じでゆっくり過ごしています。

今年も健康で楽しい毎日を過ごしていきたいと思っています。 



お立ち寄りいただいております皆様本当にありがとうございます。

かなりスローペースですが何卒よろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。




1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。

近況報告2

い時期を外して先月お宮参りをした我が家の天使。

11月23日でまる3カ月を迎え、お食い初めも無事終了。

お食い初め1

お食い初め2

地上に出て来てまだ3カ月ですが、色々行事があって大忙し。

先日はママの御用で凜ちゃんはホテルデビューをしました。



産まれた時は本当にちいさな赤ちゃんで、ベビーバスの横幅で十分足りていたのに、

いまじゃ縦にしても一杯々。 

小さな足でバスを蹴っては頭をぶつけています。 

最近はよくお話をしてくれます。 

その表情の豊かな事  こちらも思わず笑顔になります。

ついさっきまで笑顔で一杯お話をしていたかと思うと、急にスイッチがONになって

上唇をかみしめて泣き顔に・・・あれれ・・・と思っているとギャーと大泣きが始まります。

その表情のかわりようにいつも驚かされ、ついつい笑ってしまいます。

まだ 首も完全には座って無くて危なっかしいのですが、やたら首を動かしてあげようとします。



そして、凜花はじいちゃんがどうも好きらしい・・・ と言うか

大泣きしている時、じいちゃんに抱っこされると不思議と泣きやみます。

どうしてなのか・・・ どうも納得いかない。

一番凜ちゃんのことをかわいいと思っているばあちゃんじゃなくて、

じいちゃんに抱っこされて泣きやむなんて・・・やっぱり納得いかないばあちゃんなんですが・・・

じいちゃんとばあちゃんの違いは何  と聞いて答えるなら聞いてみたいものです。

多分、じいちゃんの方が抱き心地がいいのでしょう。

大きい手と腕に支えられて、大きなお腹が丁度良いクッション材になっているのだろうと・・・



そして未だに沐浴通いは続いています。



そんなこんなで結構忙し日々を過ごしております。

主人にはもみじ狩りの旅行に誘われていましたが、なんだかんだ気ぜわしく

今年は紅葉の時期を逃してしまいました。



そしてもうすぐクリスマスですね。

ホテルデビュー1

丸の内に大人ツリーのイルミネーションが綺麗に点灯されているとか・・・

少し時間を見つけてお出かけしてみようかなぁ~なんて思っています。



PS.12月7日 凜ちゃんと新宿御苑までお散歩に出掛けて来ました。
街路樹にはまだ銀杏の葉が、そして御苑はまだ紅葉が鮮やかな色を残していました。
ちょっと秋気分を味わう事が出来ました。

新宿御苑1

新宿御苑2

新宿御苑3

新宿御苑4

新宿御苑5

新宿御苑6

新宿御苑7

新宿御苑8

新宿御苑10

新宿御苑9
十月桜

新宿御苑11

新宿御苑12


いつも以上にゆっくりペースですが、これに懲りずこれからも宜しくお願い致します。





1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。

Wedding

10月27日  ☀ 

この佳き日に娘が結婚式を挙げました。

式場選びから当日を迎えるまでの長く忙しい日々が終わりました。

ドレス選び ヘアー メイク アクセサリーと花嫁を飾ってくれる品々を

ひとつひとつ心をこめて選び、綺麗な花嫁に仕立ててくれました。

これで私達夫婦の人生の大きな仕事も終わってしまいました。

あれから10日余りが過ぎました。 

挙式・披露宴には遠方から御祝に来て頂いた方もあり、ささやかながら

家なりのおもてなしをさせて頂きました。

今やっと、一息つけるようになり これから どうしていこうか・・・

何をしようか 考え中です・・・

残りの人生をゆっくり 静かに歩いて行きたいと思っています。



DSC08365_convert_20121106182250.jpg


DSC08368_convert_20121112212604.jpg





1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。







パークハイアット ジランドール ディナーへ

” ークハイアット ジランドール ”

さて、昨日は子ども達からのプレゼントで 

” パークハイアット ジランドール ” へディナーに出掛けてまいりました。

少し早目に出掛け ” ニューヨーク バー ” でワインを頂き、

41Fのジランドールへ行きました。

ニューヨーク バーからは眼下に東京の街が見渡せ、

御苑から正面遠くには東京スカイツリーを眺める事が出来ました。

ジランドールでは生演奏が入り、しばし贅沢で優雅な時間を過ごしてまいりました。




・奇セ滂スー・ク・奇スイ・ア・ッ・・-1_convert_20120616212633
ニューヨーク バーからの景色 は持ちこたえてくれましたが、
っていたので、スカイツリーはこの写真ではほとんど見えませんね。

・奇セ滂スー・ク・奇スイ・ア・ッ・・-2_convert_20120616212700
ニューヨーク バーにて

・奇セ滂スー・ク・奇スイ・ア・ッ・・-3_convert_20120616212736
Canadian lobster jelly, vichyssoise
濃厚なカナダ産オマールエビのジュレが美味し前菜でした。

・奇セ滂スー・ク・奇スイ・ア・ッ・・-4_convert_20120616212759
Pan-fried sea bass, lime sauce, red paprika, fruit tomato fondue
ライムクリームソースはちょっと苦手だったので、私はソースは別にして頂きました。
好みを予約の時に伝えておいたので、とても丁寧な対応をして頂きました。


・奇セ滂スー・ク・奇スイ・ア・ッ・・-5_convert_20120616212822
Apple granité
お口の中もさっぱりして、次のメインに入れそう

・奇セ滂スー・ク・奇スイ・ア・ッ・・-6_convert_20120616212853
Caramelized Japanese beef cheek
sautéed white asparagus, herb salad
パルメザン これも私の苦手 私は外して頂きました。
ほほ肉はとても柔らかくお口の中ですぐにとろけてしまいました。


・奇セ滂スー・ク・奇スイ・ア・ッ・・-7_convert_20120616212914
Dessert selectionより
デザートですが、3種類あったのですが、こちらは主人のチョイス

・奇セ滂スー・ク・奇スイ・ア・ッ・・-8_convert_20120616212937
お食事も終わりになって来ました。外もすっかり暗くなり、
ライトアップされています。
最後にコーヒーを頂き、ジランドールをあとにしました。


パークハイアット ジランドール ご興味のある方は一度お出かけ下さい。

私達の無理なお願いを聞いていただき、生演奏のリクエストにも応えて頂きました。

とても心配りのあるレストランでした。


ジランドール 
http://www.parkhyatttokyo.com/Facility/Restaurant/girandole.html


ニューヨーク バー
http://www.parkhyatttokyo.com/Facility/Restaurant/newyorkbar.html 


今回はお誕生日のお祝いと、母の日、父の日プレゼントと言う事で、

子ども達からの招待でした。

何もなくても子ども達からはいつも幸せを一杯貰っているので十分なのですが、

子ども達も成人して一生懸命親孝行をしてくれているようです。

感謝です。 

そして、子どもが一人前に成長したことにも感謝です。






1日1回の応援クリック  とっても励みになります。

ありがとうございます。
プロフィール

Samansaおばさん

Author:Samansaおばさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
明日のお天気は? ☀ ☁ ☂ ☃

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
Travel
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
fc2 blogranking
励ましの、1日1回応援クリック よろしくお願いします  
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる